PR

ライフ ライフ

ゴッホ展来場者、30万人を突破

上野の森美術館で行われている「ゴッホ展」で来場者30万人を達成し、橋村智美さん(左)と春菜さん(中央)が人気パズルゲームキャラ「猫のニャッホ」から記念品を受け取った=16日午前、東京都台東区(佐藤徳昭撮影)
上野の森美術館で行われている「ゴッホ展」で来場者30万人を達成し、橋村智美さん(左)と春菜さん(中央)が人気パズルゲームキャラ「猫のニャッホ」から記念品を受け取った=16日午前、東京都台東区(佐藤徳昭撮影)

 東京・上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」(産経新聞社など主催)の来場者が16日、30万人を突破した。

 30万人目となったのは、神奈川県茅ケ崎市から訪れた橋村智美さん(43)と娘の春菜さん(15)。2人は、スマートフォン向けパズルゲーム「猫のニャッホ」に登場するゴッホをモデルにしたキャラクターで、同展の応援サポーターを務める「ニャッホ」から記念品を受け取った。

 智美さんは「娘と昨年からずっと楽しみにしていた展覧会。まさか30万人目になるとは、本当にうれしいです」と話した。

 展覧会では、わずか10年の画業で多くの作品を残したゴッホの名作を紹介。「糸杉」「農婦の頭部」など、初期から晩年までの重要作も展示されている。

 上野の森美術館には同展のグッズコーナーが設置されており、ゴッホに扮した「スヌーピー」のグッズや「糸杉」のデザインをパッケージにした「ベビースターラーメン」の商品が人気を集めている。

 同美術館での展覧会は来年1月13日まで。その後、同25日から3月29日まで、神戸市中央区の兵庫県立美術館に会場を移し、展示が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ