PR

ライフ ライフ

哲学者の千葉さんらノミネート 第162回芥川賞・直木賞の候補作決まる

(左上から)木村友祐氏、高尾長良氏、千葉雅也氏、(左下から)乗代雄介氏、古川真人氏
(左上から)木村友祐氏、高尾長良氏、千葉雅也氏、(左下から)乗代雄介氏、古川真人氏
その他の写真を見る(1/2枚)

 第162回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が16日付で発表された。芥川賞候補は今年の野間文芸新人賞を受けた哲学者、千葉雅也さん(41)のデビュー小説など5作。直木賞候補はベストセラー作家、誉田哲也さん(50)をはじめ5人のうち4人が初ノミネートというフレッシュな顔ぶれになった。選考会は来年1月15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。

【芥川賞】木村友祐「幼な子の聖戦」(すばる11月号)▽高尾長良(ながら)「音に聞く」(文学界9月号)▽千葉雅也「デッドライン」(新潮9月号)▽乗代雄介「最高の任務」(群像12月号)▽古川真人(まこと)「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる10月号)

【直木賞】小川哲(さとし)「嘘と正典」(早川書房)▽川越宗一「熱源」(文芸春秋)▽呉勝浩「スワン」(KADOKAWA)▽誉田哲也「背中の蜘蛛(くも)」(双葉社)▽湊かなえ「落日」(角川春樹事務所)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ