PR

ライフ ライフ

【書評】『親リッチ』宮本弘之著

 「親リッチ」とは、金融資産が1億円以上ある富裕層の子や孫のこと。本書ではそうした親リッチの実態を丹念に分析、紹介する。

 彼らの考え方や行動は従来の“お金持ち”のイメージにとらわれない。普通の会社員や、車はあえてカーシェアリングという人もいるという。ただ、結婚や子育ての資金を実家に頼るケースは多く、著者は「親リッチへのアプローチは、家族のつながりを踏まえることが重要」と指摘する。

 お金や人脈に恵まれ、消費の先端を行く親リッチ。彼らの心をつかむのは何なのか…次世代ビジネスのヒントが詰まっている。(日本経済新聞出版社・850円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ