PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『復刻版 初等科国史』文部省著

 ■戦後世代が知らない歴史

 百田尚樹氏の『日本国紀』など日本史通史が人気を集めています。敗戦後、わが国の歴史教科書は連合国軍総司令部(GHQ)によって骨抜きにされ、近年では、近隣諸国の視点が入り込んだ内容に。そんな教育を受けて育った戦後世代が、外国の理不尽な力で変容していない通史を渇望していたというのが、人気の背景にはあるのでしょう。

 では、敗戦前の、わが国の歴史教科書は、どんな内容だったのでしょうか。本書は、戦後世代が知らない、戦時中の小学生が学んだ国史教科書の復刻版です。旧漢字や旧仮名遣いは新漢字、現代仮名遣いに改められ、ストレスなく読めます。

 本書を開いてすぐわかるのは、当時の教育水準の驚くべき高さ。日本書紀の一節から始まる本書には皇室用語をはじめ、戦後世代が習わない、大切な言葉が散見されます。そして、当時の小学生が知っていた日本人の常識の多くが、戦後世代に伝わっていないことに驚かされるでしょう。

 美しい、リズミカルな文章でつづられているのも本書の特徴。日本の歴史が、神話の時代から連綿と続く、天皇を中心とした大河ドラマのように描かれ、当時の子供たちは目を輝かせて授業を受けていたに違いありません。こんな教科書で学んでいれば、歴史を好きになっていたのに、と思う人も多いはずです。

 戦中の教科書といえば「軍国主義」の洗脳を連想する人も多いと思いますが、それこそが敗戦後の洗脳だったことに気づかされる一冊です。(ハート出版・1800円+税)

 ハート出版編集部・西山世司彦

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ