PR

ライフ ライフ

「燃えよ剣」・「峠」を語る 菜の花忌シンポ、東京で来年2月14日

 作家、司馬遼太郎さんをしのぶ「第24回菜の花忌シンポジウム」が令和2年2月14日午後5時から、東京都千代田区有楽町のよみうりホールで開催される。

 第1部は『狼の義 新 犬養木堂(ぼくどう)伝』で第23回司馬遼太郎賞を受賞したジャーナリストの堀川惠子さんへの贈賞式。同書は、元NHKプロデューサーで平成29年に死去した林新(あらた)さんとの共著。堀川さんは夫である林さんの執筆作業を引き継ぎ完成させた。

 第2部は「『土方歳三と河井継之助』-『燃えよ剣』『峠』より」をテーマにしたシンポジウム。幕末の新選組副長を務めた土方と戊辰戦争時に長岡藩の軍事総督となった河井を描いた2作品は、司馬作品の中でも人気が高い。この2作について、映画監督の小泉堯史(たかし)氏、作家の黒川博行氏、女優でエッセイストの星野知子氏、国際日本文化研究センター准教授の磯田道史氏らがパネリストとして討議する。司会は元NHKアナウンサーで文化外国語専門学校長の古屋和雄氏が務める。

 参加費は1000円、当日会場で支払う。希望者は往復はがき(1枚で1人)に住所、氏名、電話番号を記入の上、〒577-0803大阪府東大阪市下小阪3の11の18 司馬遼太郎記念財団「菜の花忌」係。令和2年1月13日消印有効。応募者多数の場合は抽選。

 問い合わせは同財団事務局06・6726・3857。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ