PR

ライフ ライフ

ノーベル賞の梶田氏ら7人が新会員に 日本学士院

梶田隆章・東大宇宙線研究所長(日本学士院提供)
梶田隆章・東大宇宙線研究所長(日本学士院提供)

 日本学士院は素粒子ニュートリノの研究で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東大宇宙線研究所長の梶田隆章教授(60)ら7人を新会員に選んだ。

 人文科学部門は、刑事訴訟法の井上正仁・東大名誉教授(70)。

 梶田氏以外の自然科学部門は、錯体化学の北川進・京大特別教授(68)、半導体電子工学の榊裕之・東大名誉教授(75)、免疫遺伝学の笹月健彦・九州大特別主幹教授(79)、泌尿器科学の垣添忠生・日本対がん協会会長(78)、構造生理学の藤吉好則・東京医科歯科大特別栄誉教授(71)。

 学士院の会員は学術で顕著な功績を上げた科学者から選ばれる特別職の国家公務員(非常勤)。任期は終身で年間250万円の年金を受け取る。会員は計134人となった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ