PR

ライフ ライフ

【告知】中国の世界遺産 元陽・羅平の絶景をめぐる8日間 2月出発

朝日に映える元陽の棚田
朝日に映える元陽の棚田
その他の写真を見る(1/2枚)

 世界遺産に登録されている中国雲南省の元陽の棚田と、羅平の菜の花畑をめぐるツアーを令和2年2月18日から8日間の日程で開催します。産経新聞社とビューツアーが企画しました。

 元陽には少数民族ハニ族が開拓した1・6万キロヘクタールに及ぶ美しい棚田が険しい山肌に沿って連なり、2013年に世界遺産に登録されました。また羅平では毎年2月、菜の花が山々の間を埋め尽くすかのように咲き誇ります。ツアーでは専用車で主要ポイントを移動、この時期だけの壮大な風景を見学します。

 2月18日出発、25日帰国。成田空港または関西空港発着。募集は15人限定で、代金は成田空港発着が1人21万9千円、関西空港発着が1人23万9千円(いずれも諸税・燃油別、2人1室利用。1人1室利用は別料金)。

 問い合わせはビューツアー03・3288・5225(平日午前10時~午後6時、土曜は午前10時~午後0時半)。ツアー日程など詳細はホームページhttp://www.beau-tour.com/tour/detail?RT_CD=CDT&S_CD=01&GOODS_CD=20193NKMGMU8&SUP_CD=CDTまで。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ