PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】戦国の小笠原氏(下)

池田光政像(模本、東大史料編纂所蔵)
池田光政像(模本、東大史料編纂所蔵)

 ■家康との縁で有力譜代大名に

 林城を失って信濃から退去した小笠原長時は会津で死去しますが、その子の貞慶と嫡孫の秀政はやがて徳川家康に仕えます。なぜか家康は小笠原家を気に入ったようで、譜代大名の待遇を受けるとともに、秀政は家康の孫の登久(とく)姫と婚姻します。彼女は家康の長男、松平信康の忘れ形見。家康によって養育されていました。

 家康が関東に入ると、秀政は下総・古河(こが)3万石を与えられます。かつて関東公方の末裔(まつえい)である古河公方の居処(きょしょ)ですから、要地ですね。関ケ原の戦いではほぼ何もしていませんが、信濃・飯田5万石に加増。やがて秀政は出家し、家康のひ孫に当たる忠脩(ただなが)が家督を継ぎます。でも実権は依然として秀政のもとに。すると慶長18(1613)年、ついに父祖の地である信濃・松本8万石に加増移封。「松本よ、私は帰ってきた!」。良かった、良かった。

 青年に成長した忠脩は亀姫という女性と結婚。この人の父は徳川四天王・本多忠勝の後継者、忠政。母は松平信康の娘の熊姫。つまり、2人の母は姉妹で、2人はいとこ。小笠原家はさらに徳川家と縁続きになったのでした。

 好事魔多し。秀政・忠脩父子の運命は大坂の陣で暗転します。夏の陣、最後の天王寺・岡山の戦い。大坂方の決死の突撃で忠脩は戦死。秀政も負傷して、すぐに息を引き取ります。事実上の当主と若殿を失った小笠原家。でも彼らの戦死は、この後小笠原家の危機を救うことになります。忠脩夫人の亀姫は、夫が戦死したときに妊娠していました。幕府は彼女を忠脩の弟の忠真(ただざね)に嫁がせた上で、忠真に家督を相続させます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ