PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『ねずさんの 奇跡の国 日本がわかる万葉集』

 ■浮かび上がる文化の原点

 日本最古の歌集である万葉集は、新元号「令和」の出典ということで、今年は特に注目されました。しかし私たちはこの万葉集について、どのような歌を、誰が詠んでいるのか、あまり深く理解していないのが実情なのではないでしょうか。

 万葉集が全文漢字で書かれていることはご存じの方も多いかもしれませんが、その記述をよく見ると「世の中は」を「余能奈可波」と書くように漢字をいわゆる万葉仮名として記述した歌もあれば、「神代より」を「神代従」とするように、漢字の持つ意味を大切にしながら歌を記述しているものもあります。

 本書は、これまで古事記や百人一首などを題材にした著作を多数執筆してきた著者が、歌の背景となる時代の流れや、当時の社会情勢、使われている漢字の意味などを、原文に立ち返って深く掘り下げることで、ひとつひとつの歌について、より詳細に解釈を深めた一冊です。

 万葉集の歌の再解釈から浮かび上がってきたものは、なんと日本という国の国柄であり、日本人が築き上げてきた文化の原点そのものでした。

 徳による治世と感謝の心を持つ民衆、天皇という奇跡、よろこびあふれる楽しい国、ずば抜けた教養と豊かさ…。私たちの祖先がどのような国を目指し、日本という国、日本人の心はどのようなものなのかが浮き彫りになります。

 日本の来た道、進むべき道を示してくれる万葉集の新しい読み解きにぜひ触れてください。

 (小名木善行著/徳間書店・1600円+税)

 徳間書店学芸編集部 武井章乃

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ