PR

ライフ ライフ

環境、厚労の合同庁舎でレジ袋廃止

マイバッグを手にした小泉進次郎環境相(左)=6日午後、東京・霞が関(奥原慎平撮影)
マイバッグを手にした小泉進次郎環境相(左)=6日午後、東京・霞が関(奥原慎平撮影)

 環境省や厚生労働省が入る東京・霞が関の中央合同庁舎5号館内の売店で6日、レジ袋の配布が廃止された。小泉進次郎環境相の発案で、年間86万枚の削減につながるという。

 小泉氏は加藤勝信厚労相と庁舎内のコンビニエンスストアを訪れ、100%リサイクル素材で作られたペットボトル入りのお茶などを購入し、マイバッグで大臣室に持ち帰った。

 政府は来年7月からコンビニやスーパーなどのレジ袋を有料化する方針で、小泉氏は記者団に「隗より始めよだ。有料化より一歩進み、廃止だ」と語った。

 河野太郎防衛相も6日の記者会見で来年1月から防衛省内でのレジ袋配布を原則中止すると明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ