PR

ライフ ライフ

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」7 小楠公、中国人留学生も尊敬

正行らを祭る四條畷神社。境内には、父の正成と母の久子から教えを受ける正行の像もある =大阪府四條畷市(恵守乾撮影)
正行らを祭る四條畷神社。境内には、父の正成と母の久子から教えを受ける正行の像もある =大阪府四條畷市(恵守乾撮影)

 大阪府四條畷(しじょうなわて)市で、ほぼ東西に一直線に延びる参道の両端に、楠木正成(くすのき・まさしげ)の嫡子・正行(まさつら)(小楠公)を祭る神社と墓所がある。東端が四條畷の戦いで亡くなった正行と弟・正時ら25柱を祭る四條畷神社。約1キロ離れた西端が正行を葬った小楠公御墓所である。

 中間の参道上には昨年6月まで、同神社の一の鳥居があった。明治25(1892)年に創設された高さ7メートル近い立派な石鳥居だった。それが大阪北部地震で一部損壊し、崩落の危険があったために撤去されたのだ。

 約1年半、再建の話はどこからも出なかった。同神社は明治23年創建の別格官幣社で、氏子組織がないために経済力がなく、戦後の価値観の転換で楠公さん、小楠公さんが忘れられた存在になっていることも大きかった。

 「子供のころから見慣れていた、鳥居があるのが当たり前の風景が変わったのはやはり寂しい。どうにかしよう」

 声を上げたのは、鳥居の近くで不動産業を営む堀潤治さん(36)と市内の工務店棟梁(とうりょう)(大工)、木又誠次さん(40)だ。木又さんは15年前、町おこしのために四條畷青年団を結成し、神輿(みこし)が練り歩く「畷祭」を毎年行ってきた。神輿は一の鳥居を通って同神社まで参道を行く。スタートラインともいえる鳥居がないことを一番残念がっていた一人だった。

 計画では、樹齢200年以上の吉野檜(ひのき)5本を使い、6・934メートルの鳥居を来年9月までに再建する。木の鳥居とするのは、しなりがあって地震や強風に強いからだ。今後、クラウドファンディングなどで資金1300万円を集める予定だが、木又さんはすでに借金して資材を確保している。

 「小さな市なのに、全国で意外と四條畷の名が知られているのは神社があることと、楠木正行という武将がいたからです。正行が貫いた孝行は今も大切な価値観。正行の生き方、人物像もわれわれの世代で伝えていきたいと思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ