PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】戦国の小笠原氏(上) 信長は「歴史的人間」の一人だった

芦名盛氏像(模本、東大史料編纂所蔵)
芦名盛氏像(模本、東大史料編纂所蔵)

 ぼくは最近、歴史的人間ということを考えています。一人の人間が歴史を変えられるのか、と問われれば、イヤそんなことはない、一人の努力では歴史の流れを変えることなどできない。大半の歴史研究者はそう答えるでしょう。ぼくもその一人です。英雄が出現して新たな時代を切り開く。そういうのはフィクションの世界での話だ。そう考えたからこそ、戦後の歴史研究は、人物を語ってこなかった。忠臣・大楠公がどうした、とか足利尊氏は逆賊だから墓を辱めてしまえとか、人物の顕彰や糾弾に余念がなかったのは、戦前の皇国史観に基づく歴史解釈だ、ということです。

 それに関連をもつと思うのですが、このコラムでも過去何度か言及したように、最近、織田信長の旗色が悪い。信長は万能でもヒーローでもない。「ふつうの」戦国大名にすぎない、という意見が多い。別にぼくは信長が好きなわけではないので、それはそれで構わないのですが、じゃあ、どうして戦国時代は終焉(しゅうえん)を迎えたのか、信長が現れたからこそ統一権力への道筋が見えてきたのではないのか、と尋ねると、そうした人たちは答えを用意していないのです。それでは説得力に欠ける、と言わざるを得ない。そのあたりのことを踏まえて、ぼくは「歴史的人間」という概念を一つの答えにしようと試みています。

 ある時代の社会を客観的に分析していくと、その社会特有の構造が見えてくる。マルクス主義史観が重視する下部の生産関係だけではなく、それに基づく上部の仕組みまでを視野に入れて、社会全体の構造を復元する。そうすると、その社会がどこから来てどこへ行こうとしているのか、どんな方向性・指向性、すなわちベクトルを有しているのかが解明できます。そのベクトルに合致した行動を取っている人、それが歴史的に「大きな成果」を生み出すことのできる「歴史的人間」なのです。逆に言うと、そうした人物に焦点を当てて観察していくと、ああ、この人を取り巻く環境はこういうものだったのだな、と分かってくる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ