PR

ライフ ライフ

将棋・西山朋佳二冠、女流王座奪取で「三冠」

西山朋佳女流二冠
西山朋佳女流二冠

 将棋の第9期女流王座戦五番勝負(リコー主催)の第4局が4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、挑戦者で後手の西山朋佳(ともか)女流二冠(24)=女王、女流王将=が里見香奈女流王座(27)に144手で勝ち、対戦成績3勝1敗で初の女流王座奪取、女流三冠を達成した。西山新女流王座は棋士養成機関「奨励会」の会員(三段)で、参加資格のある女流タイトル戦はマイナビ女子オープン(称号は女王)・女流王座戦・女流王将戦の3つのみで、自身にとって“全冠制覇”となった。獲得タイトルは通算4期。里見前女流王座はヒューリック杯清麗・女流名人・女流王位・倉敷藤花の女流4冠に後退した。

 終局後、西山新女流王座は「里見さんと指しているうちに自分の弱点が見えてきた。そこを重点的に意識して指した」とシリーズを振り返った。初の女流王座、女流三冠については「今は素直にうれしく思います。ただ、まだまだ足りない部分があるので頑張らなければいけない」と話した。

 一方、女流王将に続けて女流王座も西山新女流王座に奪われた里見前女流王座は「未知の局面で実力がついていないことを実感した。地道に努力を重ねていきたい」などと語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ