PR

ライフ ライフ

神奈川県葉山町が独自「クリーン計画」 プラごみ削減へ 世界のモデルに

 町では自販機のほかにも、プラごみ削減を狙った別の施策も展開する方針だ。その一つが、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の活用だ。LIMEXは石灰石から作られた新素材で、環境破壊を引き起こす紙やプラスチック製品に代わって、地球に優しい素材として注目されている。

 町はLIMEXを開発した新素材メーカー「TBM」(東京)と提携し、今後、町内で使われるさまざまな製品を「LIMEX」に切り替えていくという。例えば、野菜を包むポリ袋や、漁業で使われる漁業器具を代替することを想定している。

■実践的な策を

 すでに「はやまクリーンプログラム」を宣伝するのぼり旗を同素材で製作。祭りやイベントなど、町民の集まる場で旗を掲げ、同プログラムのアピールを図っている。

 LIMEXは他県で導入例がある。福井県鯖江(さばえ)市では、回覧板の印刷物などをLIMEXに代替。回覧後は市が回収し、越前塗りの食器に加工するなど、使用済みの製品を付加価値の高い製品に循環させる仕組みが行われている。

 神奈川県が掲げる国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の施策には、県民らから「具体策が見えない」といった声も上がるなか、葉山町では実践的な策を展開。山梨町長は「環境を守るためにライフスタイルを変えていくことが、未来にとって必要となる。葉山町が先進的な事例になれば」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ