PR

ライフ ライフ

【TOKYOまち・ひと物語】夜間・休日の緊急時に往診 ファストドクター代表、医師の菊池亮さん 

ファストドクターを立ち上げた医師の菊池亮さん=新宿区
ファストドクターを立ち上げた医師の菊池亮さん=新宿区

 診療所やクリニックなどの地域の医療機関が休診となることが多い夜間や休日。急に具合が悪くなったとき、対応に困る人も多い。「ファストドクター」(新宿区)はこうした緊急事態に、救急の往診などの新たな選択肢を提供する。代表取締役で医師の菊池亮さん(33)は「救急車や救急外来の適切な利用をサポートしたい」と話す。(小林佳恵)

 ■自力では困難

 総務省消防庁の速報値によると、平成30年中の救急車の出動件数は前年比4・1%増の660万5166件で、9年連続で過去最多を更新した。搬送者の約半数が入院を必要としない軽症と診断されており、不要不急の出動の抑制が課題となっている。

 なぜ、軽症患者による救急車の利用が後を絶たないのか。同年中の搬送者の約6割は高齢者で、菊池さんは「患者のモラルの問題だけではなく、単身で暮らす高齢者など、自力で医療機関にアクセスできない人もいるのではないか」と分析。「大都市部ではものすごいスピードで高齢化が進んでいくとみられる。限られた医療資源の中で、高齢者の救急受診を支援する新たな仕組みが必要だ」と指摘する。

 ファストドクターは電話やメールで診察依頼を受けると、まず電話で症状を聞き、自宅での経過観察や往診など緊急性を判断する「トリアージ」を行う。往診が適用されるのは3割程度だ。

 往診が必要と判断すれば医師が自宅まで医療器具や薬を持って最短30分で駆けつけ、診察や検査を行う。

 東京と大阪に拠点があり、都内は23区と三鷹市など4市が往診エリア(一部地域はエリア外)だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ