PR

ライフ ライフ

仲邑菫初段、日中天才少女対決に敗れる

仲邑菫初段(右)は「女子囲碁超新星三番勝負」第1局で呉依銘二段に敗れた(日本棋院提供)
仲邑菫初段(右)は「女子囲碁超新星三番勝負」第1局で呉依銘二段に敗れた(日本棋院提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が2日、中国福建省で呉依銘(ご・いめい)二段(12)との「女子囲碁超新星招待戦三番勝負」第1局に臨み、白番の仲邑初段は219手までで中押しで敗れた。先・後番を入れ替えて、3日に第2局が行われる。

 仲邑初段は今年4月、国際棋戦での巻き返しを目指し日本棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士枠」で、史上最年少の10歳0カ月で入段した。呉二段も11歳だった昨夏のプロ試験に合格し、仲邑初段と同様、中国で“天才少女”と呼ばれている。

 仲邑初段は「第2回呉清源(ごせいげん)杯世界女子選手権」を主催する中国側から招かれたもので、同杯の準決勝・決勝の付随対局として実施された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ