PR

ライフ ライフ

【マンスリー将棋】“将棋ユーチューバー”折田さん、プロまであと2勝

棋士編入試験第1局を白星でスタートした将棋ユーチューバー、折田翔吾さん=25日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
棋士編入試験第1局を白星でスタートした将棋ユーチューバー、折田翔吾さん=25日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

 アマチュア強豪で将棋ユーチューバー、折田翔吾さん(30)=大阪市、将棋講師=が夢のプロ棋士へ挑む棋士編入試験の五番勝負が始まった。11月25日に大阪市の関西将棋会館で指された第1局では、黒田尭之(たかゆき)四段(23)に98手で快勝し、好スタートを切った。

 折田さんは終局後、「ようやく始まったという感じです。初戦が大事で、良いスタートを切れました」。しかし緊張感からか、対局前に駒を並べる際、順序を間違えてしまったという。

 折田さんは棋士養成機関の「奨励会」時代、最終関門の三段リーグに10回(5年)参戦した。26歳の年齢制限までに四段に昇段できず、平成28年3月に退会を余儀なくされた。

 しかし、好きな将棋には関わり続けた。動画サイト「ユーチューブ」に「アゲアゲ将棋実況」のチャンネル名で、自身が指す将棋の実況を中心に活躍。将棋ソフトで将棋の腕も磨き、出場したアマチュアの全国大会で次々と好成績を収めた。そして今年8月、アマ枠で出場したプロ公式戦で直近の成績が10勝2敗となり、棋士編入試験の受験資格を満たし、現行制度では今泉健司四段(46)以来、2人目のプロ挑戦となった。

 編入試験五番勝負は「試験官」に当たる四段のプロ棋士5人と対局(1カ月に1局)し、3勝すれば来年4月1日付で、フリークラスの四段になる。第2局は今月23日、出口若武(わかむ)四段(24)と対局。夢のプロ棋士まで、あと2勝だ。(田中夕介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ