PR

ライフ ライフ

北海道産秋鮭とイクラ食べて! 地下鉄南北線で車両ジャック広告

北海道産秋鮭・イクラPRのポスターやステッカーで埋め尽くされた東京メトロ南北線の電車内=1日午後、東京都港区(三尾郁恵撮影)
北海道産秋鮭・イクラPRのポスターやステッカーで埋め尽くされた東京メトロ南北線の電車内=1日午後、東京都港区(三尾郁恵撮影)

 北海道漁業協同組合連合会は1日、首都圏の人たちに北海道産の天然の秋鮭とイクラを食べてもらおうと、東京メトロの南北線の車両を秋鮭とイクラの広告でジャックするPR作戦を始めた。産経新聞社が発行し、東京メトロの主要駅に配置しているフリーマガジン「メトロポリターナ」とのタイアップ企画。15日まで、営業時間中に1編成(6両)が運行する。

 中づりや窓上、ステッカーのすべての広告を秋鮭とイクラのポスターで埋め尽くす。ポスターは「ド天然」をキャッチフレーズに、鮭の切り身が迫り、イクラが丼に降り注ぐ迫力満点のデザインを採用した。

 北海道産の天然秋鮭は、身が引き締まってほどよく脂がのっており、高タンパク低カロリーで栄養バランスに優れているのが特徴。北海道漁連では「『北海道産』を目印に、年末年始のお祝いのハレの日には、おいしくて健康に良い秋鮭とイクラを味わってほしい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ