PR

ライフ ライフ

【気になる!】文庫 『くらげが眠るまで』

 小説でも人気の夫婦脚本家が執筆し、約20年前にテレビで放送されたシチュエーションコメディーのシナリオブック。

 主人公はバツイチ夫で、やや頼りない信之と、かなり年下ながらしっかりもののオクサン・杳子(ようこ)の夫妻。自宅リビングでの何げない会話や出来事から展開される〈気楽にたゆたゆと過ぎてゆく時間〉が描かれる。

 信之が前妻との思い出を口走り、暗雲垂れこめる場面や、なぜか杳子が見合いに出かける騒動なども。ささやかだが、「幸せ」に満ちた世界にほっこりする。著者のファンという女優、美村里江氏の解説も納得。(木皿泉著、河出文庫・720円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ