PR

ライフ ライフ

【書評】『ローマ法王の言葉』講談社第一事業戦略部編

 ローマ教皇(法王)フランシスコが先頃来日した。ローマ・カトリック教会の頂点に立つ教皇の来日は、1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりで2度目だった。

 本書では、2013年に就任した教皇フランシスコの講話を、日本のカトリック中央協議会の協力を得て収録。どれも人に対する優しさにあふれ、読むと、日々のストレスでこわばった心がほぐれていく。そして警鐘の言葉も。「わたしたちのことばは、癒やすこともできれば、傷つけることもできます」。アーティスト、さかもと未明さんのあとがき「『わたしとバチカン』をつなぐもの」も必読だ。(講談社・1500円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ