PR

ライフ ライフ

【万葉集 最果ての歌 中西進さんと行く】勇猛なる民 隼人

前のニュース

波しぶきを上げて豪快に流れる黒之瀬戸。最大潮流は8ノット(時速約8ノット)という=鹿児島県阿久根市(彦野公太朗撮影)
波しぶきを上げて豪快に流れる黒之瀬戸。最大潮流は8ノット(時速約8ノット)という=鹿児島県阿久根市(彦野公太朗撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 日本三大急潮のひとつに数えられる鹿児島県北西部の海峡「黒之瀬戸」は、万葉集に詠(うた)われた歌の最南端。九州本土の阿久根市と対岸の長島(長島町)との間にある幅500メートル、長さ4キロの海峡だ。

 《隼人(はやひと)の薩摩(さつま)の迫門(せと)を雲居(くもゐ)なす遠(とほ)くもわれは今日見(けふみ)つるかも》 巻3-248

 (隼人の国、薩摩の瀬戸を空の彼方(かなた)の雲のように遠く、私は今日見たことだ)

 「隼人」とは古代、南九州に居住した人々で、独自の風俗習慣、文化を持ち、異民族として扱われたという。黒之瀬戸の激流と、敏捷(びんしょう)かつ勇猛な民だったとされる隼人が響き合う。

 作者の長田王は筑紫(現在の福岡県周辺)に派遣された官吏。南方を旅して瀬戸を遠望したのだろうか。雲居とは雲のある高い所、すなわち天皇のいる宮中の意もある。「遠路はるばる来た長田王の背景にある宮廷と、遠い南の果ての瀬戸と、ふたつの雲居の間に放り出された流浪感がこの歌にはあります」。11月中旬、瀬戸を訪れた万葉集研究者の中西進さん(90)は話す。覇者の歴史にのみ込まれていく隼人の運命と相まって、とらえどころのない空虚感が漂ってくる。

× × ×

 最果ての地で詠まれた万葉集を求めて、万葉集研究の第一人者である中西進さん(90)と訪ねるシリーズの最終回。南九州へと旅する。古代南九州に住んでいた隼人の名は、万葉歌に登場する。俊敏で勇猛、声が大きく呪術的能力を期待された隼人には、悲しい歴史の運命があった。11月半ば、隼人の歌を求め、鹿児島を巡った。(横山由紀子)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ