PR

ライフ ライフ

歳時記 お雑煮 地域の価値観を反映

その他の写真を見る(1/2枚)

 ♪もういくつ寝るとお正月-。早くもそんな時季になってきた。正月といえば、雑煮。季節感は薄れつつあっても、そんな家庭がまだまだ一般的だろう。関東ではすまし汁に角餅、関西では白みそに丸餅、雑煮の定番。だが、実は地域によって、もっと細かく分かれているという。雑煮の商品監修を手がけ、古今東西のあらゆる雑煮を調査している「お雑煮やさん」(川崎市)の粕谷浩子社長に話を聞いた。(吉沢智美)

 そもそも雑煮の起源とは何なのだろうか。ひとつには、公家の人々が食べた餅の入った汁物だという説がある。粕谷さんは「室町時代に足利家がこれをまねて武家に広まった。当時は宴席の最初の方に出てきたものだった。江戸時代になって、現代のようにお正月に神様にお供えしたものをお下がりで食べる雑煮の形となり、庶民に広がった」とみている。

◆角か丸か境界

 関東は角餅、関西は丸餅という違いは広く知られているが、粕谷さんの調査によると、天下分け目の「関ケ原」(岐阜県)に境界があるのだという。

 そもそも餅は、ひとつひとつ手作業で丸める丸餅が始まりだったという。しかし、江戸時代になると江戸を中心に、急激な人口増加があり、手作業の丸餅では生産が追いつかなくなってしまった。そこで大量生産できるように考案されたのが角餅だったとされる。

 角餅は焼くのが主流のように思われるが、関ケ原より東の東海地方では角餅を煮た雑煮が出される。

 その起源は愛知県にある。というのも愛知県では「餅の白=城」ということで、「城(白)を焼いてはならない」ということから、餅を煮る。さらに、「ミソをつけてはならない」ということですまし汁にして、「名を上げる」ということで菜っ葉のみを具材に使うというシンプルな雑煮となった。その愛知県の手法が東海道をつたって、東海地方に広がったと考えられているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ