PR

ライフ ライフ

【山本一力の人生相談】安定を捨てるのは無謀?

相談

 都内の女性会社員。暮らせるだけの給料をもらい、仕事に大きな不満はありません。でも近い将来、人の健康を助ける仕事をしたいと考えていて、その勉強のために退職を検討しています。友人に相談すると「叶うかも分からないことのために、辞めるのはもったいない」と言われます。正論ですし、老後のことを考えると、私も気持ちが揺らぎます。

 矛盾しますが、今の仕事も大切です。不器用なので、仕事しながら資格の勉強に時間を割くことはできません。貯金と退職金で、学費と2、3年分の生活費はまかなえそうですが、勉強し終わるころには50代。安定を捨てるのは無謀でしょうか。再出発には遅すぎるでしょうか。(東京都、40代女性)

回答

 おやめなさい。

 安定を捨てるのは個人の自由だし、再出発に遅すぎもしない。

 あなたが中途半端であるゆえに、ことはうまくは運ばない。で、おやめなさい。

 決めつける理由を挙げさせてもらう。

 毎月定まった報酬が得られることへの、認識の甘さ、感謝のなさだ。

 勤務する会社は、慈善事業者ではないはずだ。暮らせるだけの給料を支払う代わりに、当然、相応の仕事をこなし、その仕事と向き合うときの真摯(しんし)な忠誠心を、会社は期待しているはずだ。

 あなたはそれに応えているのか。

 当節では従業員解雇には、さまざま制約がある。しかしあなたが隠し持つ真意を知った会社は、穏やかではなくなるは必定だ。

 あなたと同じことを考えて、本気で突き進もうとする者は、すでにやっている。

 退路を断ち、前進のみに自分を置く。いまさら、迷えるぜいたくなどない。

 毎月給料を得るとは、なんと幸せか。

 物書きのわたしを、世間では「直木賞作家」と評してくださる。しかし実態は、潜在的失業者にほかならない。

 原稿注文がなければ、収入はない。

 続けて注文をいただけるように。

 読者に新刊を購入してもらえるように、ひたむきに今日も原稿を書いている。

 5分で読了できる原稿執筆に、ときに半日を費やす。きついが、書いているときが一番、気持ちが安らぐ。

 あなたは今日も会社運営に貢献しているとの、肌に感ずる実感はおありだろうか。

 今月も給料をくれる会社のために何ができるか、自分に問うていただきたい。

 明日、退職勧告の肩たたきを突然されたとしたら。安定を捨てるか否かの選択権など、もはやあなたの手には残っていない。

回答者

山本一力 作家。昭和23年生まれ。平成9年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞しデビュー。14年「あかね空」で直木賞受賞。近著に「牛天神 損料屋喜八郎始末控え」(文芸春秋)、「長兵衛天眼帳」(角川書店)。今月中旬に新刊「ジョン・マン7 邂逅(かいこう)編」と文庫本「ジョン・マン5 立志編」(ともに講談社)が発売。

相談をお寄せください

 住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、相談内容を詳しく書いて、〒100-8078 産経新聞文化部「人生相談 あすへのヒント」係まで。

 〈メール〉life@sankei.co.jp

 〈FAX〉03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ