PR

ライフ ライフ

人気役者勢ぞろい 京都・南座の吉例顔見世が初日 

南座「吉例顔見世興行」初日 初日を迎えた南座「吉例顔見世興行」の「金閣寺」=30日午後、京都市東山区(永田直也撮影)
南座「吉例顔見世興行」初日 初日を迎えた南座「吉例顔見世興行」の「金閣寺」=30日午後、京都市東山区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東西の人気歌舞伎役者が勢ぞろいする、京の師走の風物詩「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」が30日、京都市東山区の南座で初日を迎えた。昨年に耐震改修工事を終えた南座の新開場1周年記念と銘打つ公演で、千秋楽は12月26日。

 昼と夜それぞれ4演目の2部構成。昼の部の「祇園祭礼信仰記 金閣寺」では、人間国宝の坂田藤十郎さんが長男の中村鴈治郎(がんじろう)さんらと親子孫3代で共演する。同演目は鹿苑寺(ろくおんじ)金閣(同市北区)を舞台にしたご当地演目で、顔見世での上演は初めてという。

 この日の舞台では、役者らが激しい立ち回りや桜吹雪の中で美しい舞いを披露。客席からは「成駒屋(なりこまや)!」などの掛け声とともに大きな拍手が送られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ