PR

ライフ ライフ

商業施設にアンドロイド登場 接客などで実証実験へ 大阪

 アンドロイド「U」(右端)の受け付けデモンストレーション=29日、大阪府吹田市
 アンドロイド「U」(右端)の受け付けデモンストレーション=29日、大阪府吹田市
その他の写真を見る(1/3枚)

 人間そっくりのロボット「アンドロイド」の開発に取り組む大阪大の石黒浩教授らの研究チームは12月から、大阪府吹田市の複合商業施設「エキスポシティ」で、人と対話できるロボットが接客などのサービスを担う実証実験を行うと発表した。改良点や課題を検証し、実用化を目指す。

 「すみません、もう一度言ってくださいますか」。発表のあった29日、実際に接客を担った女性型のアンドロイド「U」が報道陣の受け付けを担当した。対話を通して不明点があれば、首をかしげて補助者に助けを求めるしぐさを見せ、人と連携する様子を紹介。フードコートでは2体の小型ロボットが利用客に好みを尋ね、お薦めのメニューを提案する様子も公開した。

 「U」は、一部に人の操作を必要とする「半自律型」で接客補助での活用が想定される。小型ロボットは、人との会話を通じたコミュニケーションが可能で、フードコートで利用される予定だ。

 実証実験の代表で、知能ロボット研究で知られる石黒教授は「人間とロボットが共生する社会の実現のため、対話型ロボットがどのように社会に受け入れられるかを試したい」と話した。

 実証実験は施設を運営する三井不動産と共同で5年間実施する予定で、研究チームにはロボットに関する法律問題を研究する慶応大の新保史生(しんぽふみお)教授も参加。ロボットがミスを犯した場合のリスク対応など、社会で受け入れられるための仕組みづくりの検討も行う。(有年由貴子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ