PR

ライフ ライフ

【秋篠宮さま54歳】(動画あり)誕生日ご会見全文(下) 首里城焼失「驚き、非常に残念な気持ちに」

 「さらにもう一つ、これも余り明るい話ではありませんけれども、IPBESが出したもので、今地球上の100万種の動植物が絶滅の危機に瀕(ひん)しているというものがありました。これは、人間も地球上の生態系の一員ですけれども、人間の活動によって人間の社会を支えている環境が、土地利用が主だと思うんですけれども、失われつつあるということは、これはかなり大きな問題だと思っております。今後、どのような対策を取っていくかというのは、私が何か言うことではありませんけれども、そのことが今年の大きいことの一つだったのではないかと思います」

 「明るい話題としては、今ありましたような吉野彰さんのノーベル化学賞受賞ですね。リチウムイオン二次電池ですか、これにはもう様々なところで、私たちお世話になっているわけですね。私も携帯電話やパソコンも使ってますけれども。吉野さんとお話ししたのは、実はこの前、文化勲章のお茶会の時が初めてなんですが、私、毎年出席している読売新聞の学生科学賞がありまして、それの協賛が旭化成なんですね。そのことから、旭化成の代表の方が話をするときは必ず吉野さんの名前が出てくる、そういうことから私自身も非常に親しみを、お名前だけだったんですけれどもあった方です。今回のノーベル化学賞の受賞は本当に良かったと思います」

 「もう一つ、ラグビーのワールドカップですね。日本も8強入りして、これ初めてのことですね。日本の代表の活躍というのは本当にすばらしかったと思います。私自身はラグビーの知識が全くないところから見始めたものですから、一番最初に見た時には、何が起こっているのかは全然実は分からなかったんですね。ただ何回か見て、またテレビでも見て少しずつ知識が積み重ねて増えていって、最後は大分とまではいかないですけれども、少し理解しながら楽しみながら見ることができました。また、日本にこれだけ多くのラグビー好きな人がいるということも今回初めて知りましたけれども、良い大会だったと思います。そしてまた、その間、それとも関係して、釜石のラグビー場にも行き、津波で被害を受けた場所にあのような形でスタジアムが建てられて、そこに多くの人が集まったということも、非常に感動的なことでありました。いろいろありますけれども、幾つかを紹介させていただきました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ