PR

ライフ ライフ

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」 6

飛騨高山に伝わる楠木正成像。飛騨の一刀彫りで、故郷の木を材料にしている(天照寺所蔵)
飛騨高山に伝わる楠木正成像。飛騨の一刀彫りで、故郷の木を材料にしている(天照寺所蔵)
その他の写真を見る(1/3枚)

■飛騨の山里に伝わる師弟愛

 江戸時代の町並みが残り、「飛騨(ひだ)の小京都」と称される岐阜・高山。街の中心部から車で30分ほど走ると、滝町という山間(やまあい)の集落に出る。高山市に編入されたのは昭和30年である。

 楠木正成(くすのき・まさしげ)が少年時代に師と仰いだ滝覚(りゅうかく)(龍覚、瀧覚)の誕生地とされる集落だ。正成は8歳から15歳まで、河内(かわち)・観心寺(大阪府河内長野市)の支院である中院(ちゅういん)で、滝覚のもと、学問に励んだ。中院は楠木家の菩提寺(ぼだいじ)である。

 滝覚に関する史料はあまり残っていない。学術的に論じた書物としては、昭和12年に『大楠公恩師瀧覚御房史蹟』という冊子が出された程度だ。大阪府史跡調査委員らが滝町などを調査し、その成果をまとめたもので、冒頭で次のような話を紹介している。

 <今を去る約三十年以前、(略)山地開墾の際に「嗚呼(ああ)忠臣楠正成」と鐫(えら)せる小碑石を発掘した>

 明治38年、滝町に近い山口町で、正成の名が彫られた石碑が発掘されたというのだ。元禄年間のもので、徳川光圀が同じ時代に湊川(神戸)に建てた「嗚呼忠臣楠子(なんし)之墓」の碑をまねたのだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ