PR

ライフ ライフ

仲邑菫初段、男性棋士に7連勝 61歳差を制す

仲邑菫初段
仲邑菫初段

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が28日、名古屋市の日本棋院中部総本部で行われた第45期棋聖戦ファーストトーナメント予選に出場し、プロ53年目の馬場滋九段(71)に260手までで白番中押し勝ちし、公式戦通算成績は13勝5敗となった。仲邑初段は1月に、国際棋戦で数多く優勝し韓国の現役国会議員でもある●(=恵の心を日に)薫鉉(チョ・フンヒョン)九段(66)との56歳差対局で敗れているが、それを上回る61歳差対局を制し、国内棋戦では対男性棋士に7戦全勝となった。

 仲邑初段が所属する日本棋院の棋士では、平成28年に当時95歳だった杉内雅男九段(1920~2017年)が、当時15歳の大西竜平初段(現四段)と対局した例があり、大西初段が80歳差対決を制している。

 仲邑初段は12月2日から4日にかけ、中国福建省で中国の呉依銘(ご・いめい)二段(12)との「日中天才少女三番勝負」に臨む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ