PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】シンガー・ソングライター BORO(65)(4) 「これ、あゆみの歌だ」

 ショーケンは「裕也さん、ぼくにこれ歌わせてくれない?」と言ったそうです。それで裕也さんは「ハギワラのとこいってさぁ、聴かせたら、この歌うたわせろっていうんだけど、どうする?」って。「はい、喜んで」って言ったら、「じゃあ歌わせる」となりました。

 5月にショーケンがリリースし、わたしは6月1日に「都会千夜一夜」でデビュー。そうこうするうちに、ショーケンの「大阪で生まれた女」が有線放送でどんどん上がっていくんですね。そこで、レコード会社が8月1日にわたしのアルバムを出すのにあわせて急遽(きゅうきょ)、BORO版の「大阪で生まれた女」をシングルカットすることになりました。

 だから、デビュー40周年の記念アルバムのリリースは8月1日としました。裕也さんに「8月1日、行きますよ。40年ですよ」と報告しようと思っていたら亡くなり、ショーケンも亡くなってしまいました。不思議な縁というか、びっくりしました。(聞き手 松田則章)

 コンサート情報・チケットの問い合わせは、BOROの音符工房(0797・61・3399、ホームページへ。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ