PR

ライフ ライフ

岩手大次期学長に小川副学長が昇格

岩手大学次期学長候補者の小川智副学長
岩手大学次期学長候補者の小川智副学長

 岩手大学の次期学長最終候補者に26日、同大理事で副学長の小川智氏(61)が決まった。同日の学長選考会議で候補者4人から小川氏を最終候補者に決定した。次期学長の任期は令和2年4月から4年間で、同大の最終候補者の申し出を受けて文部科学大臣が任命する。

 小川氏は横浜市出身で筑波大学大学院修士課程理工学研究科修了。専門は有機化学で、平成18年10月に同大工学部教授、23年理事・副学長に就任した。小川氏は会見で、「岩手大学は教育、研究、社会貢献のいずれの領域でも地域から頼られ、尊敬され、愛される存在でありたい」と、抱負を語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ