PR

ライフ ライフ

高齢者とペットの受け皿「老犬ホーム」 川崎の獣医師「全国のモデルに」

川崎市の獣医師らが設立した老犬ホーム「フォレスト・ドッグケアセンター」=千葉県袖ケ浦市
川崎市の獣医師らが設立した老犬ホーム「フォレスト・ドッグケアセンター」=千葉県袖ケ浦市

 高齢化社会の進展に伴って高齢の飼い主がペットを手放さざるを得なくなり、老いた犬や猫が行き場を失うといったケースが目立つなか、川崎市の獣医師らが諸問題の解決を念頭に、千葉県内に老犬ホームを設立した。全国でも珍しい獣医師常駐型で、「ペットの幸せな老後と獣医師の受け皿確保のモデルケースとして、こうした施設が全国に広がってほしい」(関係者)との思いが込められているという。

 施設の名称は「フォレスト・ドッグケアセンター」。今年4月に千葉県袖ケ浦市で開業し、川崎市獣医師会の会長を務める「わたりだ動物病院」(同市)の田村通夫院長らが運営している。

■手厚い医療を実現

 施設では、飼養が困難になった老犬などを有償で預かる。診療の一線を退いた獣医師が住み込み、日中はスタッフ4、5人が散歩やエサやり、介護を行う。終末期には、みとりのために飼い主が宿泊できる部屋も用意している。

 利用料は終身預かりが1カ月当たり20万円(小型犬の場合)。1~15日の短期預かりは1日当たり5000円から。入所頭数の上限は28頭で、開業から約半年で10頭以上が短期入所、現在は1頭が長期入所している。

 田村院長は「獣医師常駐型は全国的にも珍しい。老犬に手厚い医療を施すことができるほか、獣医師にとっても業務の新たなスタイルとなるだろう」と抱負を述べている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ