PR

ライフ ライフ

山伏神楽「番楽」引き継ぐ 子供が舞を披露 山形・真室川

「もちつき」を演じる八敷代番楽保存会の子供たち=24日、山形県真室川町(柏崎幸三撮影)
「もちつき」を演じる八敷代番楽保存会の子供たち=24日、山形県真室川町(柏崎幸三撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 山形県北部の山間にある真室川町で、江戸時代中期から伝わる山伏神楽(かぐら)の一種「番楽(ばんがく)」を次世代に引き継ぐ取り組みが地域を挙げて行われている。高齢化の進行とともに伝統の舞が廃れかねないとの危機感から、発表の場として「ふるさと子ども伝承祭」を創設。幼稚園児や児童たちが日頃練習した番楽、お囃子など今年も披露し、集まった町民らが盛大な拍手を送った。

 ■集約と「伝承祭」立ち上げ

 番楽は山岳信仰で栄えた東北地方の山麓で、かつて修験道の山伏たちが行った神楽。真室川町の番楽は、現在の秋田県由利本荘市から同町の八敷代地区に伝わった後に釜淵、平枝、小国、山屋、及位(のぞき)、鏡沢、大滝、下春木の計9地区に広がった。

 しかし、演者の高齢化が年々進み、このままでは後世に残すのが難しくなることから、子供たちが舞台に立つ伝承祭を地域の人たちが立ち上げ、平成15年度から開催。保存会をかつての9地区から平枝、釜淵、八敷代の3つに集約し、番楽を守り伝えてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ