PR

ライフ ライフ

棋士編入試験始まる 大阪の将棋ユーチューバー、折田さん第1局に挑戦

棋士編入試験第1局で、黒田尭之四段(右)に挑む将棋ユーチューバ-、折田翔吾さん=25日午前、大阪市福島区の関西将棋会館
棋士編入試験第1局で、黒田尭之四段(右)に挑む将棋ユーチューバ-、折田翔吾さん=25日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋のプロ棋士を目指し、大阪市のアマチュア強豪で将棋ユーチューバー、折田翔吾さん(30)が挑戦する棋士編入試験の第1局が25日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。月1回のペースで棋士5人と1人ずつ対局し、3勝すれば合格、晴れてプロとなる。

 プロ棋士になるには、養成機関の「奨励会」で三段昇段後、半年に1度、毎回30人前後で争われる最終関門「三段リーグ」で上位2人に入り、四段に昇段しなければならない。しかし、原則26歳までに昇段できなければ退会となる厳しい条件があって、折田さんもかつて同会で棋士を目指したが、年齢制限により、平成28年3月に退会していた。

 プロ棋士になるにはもう一つ道があって、アマチュア棋戦で好成績を収めれば、棋士が参加する公式戦に参戦でき、そこで「10勝以上」かつ「勝率6割5分以上」を挙げれば、今回のように棋士編入試験が受験できる。折田さんは今年8月、受験資格を得ていた。

 この日、試験官として折田さんと対局したのは黒田尭(たか)之(ゆき)四段(23)。関西将棋会館の対局室で行われた振り駒で折田さんは後手となった。午前10時、双方が頭を下げ、対局が始まった。持ち時間は各3時間で、終局は夕方の見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ