PR

ライフ ライフ

【ローマ教皇来日】「祖先も喜んでいる」 ミサに参列、長崎・外海のかくれキリシタン

枯松神社祭で「オラショ」を奉納したかくれキリシタン代表の村上茂則さん=3日午後、長崎市(恵守乾撮影)
枯松神社祭で「オラショ」を奉納したかくれキリシタン代表の村上茂則さん=3日午後、長崎市(恵守乾撮影)

 24日に長崎市内で執り行われたローマ教皇(法王)のミサには、キリスト禁教下の信仰形態を守り続ける「かくれキリシタン」も参列した。市内でも独自の祈りを受け継ぐ数少ない地とされる外海(そとめ)地方のかくれ信者、村上茂則さん(69)=同市下黒崎町=は「『ローマのお頭さま』と祖先が慕っていた方。祖先が一番喜んでいるはず」と喜びをかみしめた。(桑村朋)

 激しい雷雨だった朝から一変、晴天のもと行われた午後のミサ。カトリックへ復帰せず、独自の信仰を持つかくれ信者として、村上さんはカトリック教会トップの教皇フランシスコが祈る姿を静かに見守った。

 小高い山と海に囲まれた外海地方は、かくれキリシタンの里。村上さんの住む下黒崎町付近には、キリシタン神社「枯松(かれまつ)神社」があり、信者約50人が暮らす。

 地域では、禁教下にキリシタンの多くが寺の檀家(だんか)になり、仏教徒を装って信仰を継続。禁教が解かれた後も、かくれキリシタンとカトリックに帰依した人、仏教徒の3者に分かれた。過去にはわだかまりもあったが、約20年前から3者の融和を図るため、枯松神社で慰霊祭が営まれる。

 生後3日で洗礼を受けた村上さんは、いまも口承されてきたオラショ(祈り)を唱え、洗礼やクリスマスなどの信者行事を記した「バスチャン暦」という独自の暦の下で暮らす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ