PR

ライフ ライフ

「窓展」 心を開き別世界へ想像の旅 東京国立近代美術館

アンリ・マチス「待つ」1921ー22年 油彩 愛知県美術館
アンリ・マチス「待つ」1921ー22年 油彩 愛知県美術館
その他の写真を見る(1/3枚)

 光や風を取り入れたり、外の景色を眺めたりと生活にとって必要な窓。それゆえ美術の世界でも古くからモチーフとなって絵画などで描かれてきた。「窓」をキーワードにした展覧会「窓展‥窓をめぐるアートと建築の旅」が、東京・竹橋の東京国立近代美術館で開かれている。近代から現代美術まで約110点。窓とともに別世界の旅ができる。(渋沢和彦)

 窓が際立つ1点の油彩画がある。20世紀を代表する仏画家、アンリ・マチス(1869~1954年)の「待つ」。窓の外は青い海やまぶしい浜が広がる南仏の明るい景色。海辺の部屋にもまばゆい光が注がれ、2人の女性を浮かび上がらせる。一方の女性の手は浜にあるヤシと重なり、内と外が結ばれている。マチスはニースに借りたアパートで、こうした窓のある絵を多く描いていた。

 ピエール・ボナール(1867~1947年)の赤みを帯びた色彩が強烈な「静物、開いた窓、トルーヴィル」など魅惑的な絵画が多い中で、直接的に窓の存在を際立たせているのが写真作品だろう。郷津雅夫(ごうづ・まさお)(1946年~)の「Windows」シリーズはその1つ。写っているのは窓に身を寄せて外を見つめる人々だ。ニューヨークのダウンタウンでパレードの際に撮ったという。郷津は1970年代からニューヨークで活動し、40年以上も窓を主題に撮り続けてきた。窓から興味深そうに外を見ている人の姿は、外の光景がどんなものかを想像させ、同時に窓の存在を一層引き立てている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ