PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】女子柔道金メダリスト・谷亮子(44)(10)「参議院は、お母さんの仕事場」

前のニュース

平成22年に現役引退を表明した
平成22年に現役引退を表明した

 〈平成22年に政治家となったYAWARAちゃん。当時政権を担った党のスポーツ議員連盟会長を務めた〉

 参議院議員として6年間の任期を全うしました。私はスポーツを通じて社会参加してきた中で、長年にわたり多くの皆さんに温かい応援をしていただきました。あの日、あの時、あの試合。どんなときも皆さんからの応援が私の原動力でした。今度は、私が皆さんのためにできることをしたい。それこそが私の決意でもありました。任期を通じて法務委員、文教委員、ODA委員、消費者委員などの立場で活動を行ってきました。スポーツ施策の拡充や環境整備にも注視し、当選から1年後の23年に全会一致で成立したスポーツ基本法は、スポーツに関わる権利を保障する「スポーツ権」の確立を明記できたことが日本のスポーツ史にとって大変意義深いことでした。する人、見る人、応援する人、支える人がスポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは全ての人々の権利であるということです。健康増進という観点からもスポーツが多くの人々にとって身近な存在となり、より親しみやすくなることが私の念願でしたから。厚生労働省の所管だった障がい者スポーツの推進、日本にはまだなかったスポーツ庁の設置、2020年五輪・パラリンピックの招致、女性アスリートの環境整備やプロスポーツの関係などを基本理念として盛り込むことがかなったスポーツ基本法は、23年8月24日に施行に至りました。

 〈首相や大臣への国会質疑は86回に及ぶ。多忙を極め、スポーツ関連以外の施策の充実にも尽くした〉

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ