PR

ライフ ライフ

史上最大の宇宙爆発エネルギー、東大など観測 ガンマ線バースト

史上最大のエネルギーが観測されたガンマ線バーストの想像図(東京大宇宙線研究所、若林菜穂氏提供)
史上最大のエネルギーが観測されたガンマ線バーストの想像図(東京大宇宙線研究所、若林菜穂氏提供)

 宇宙で最も激しい爆発現象の「ガンマ線バースト」について、東京大宇宙線研究所などの国際チームが観測史上最大のエネルギーを捉えたと、20日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。謎が多い発生メカニズムの解明などに役立つ。

 ガンマ線バーストは、重い星が一生の最後に起こす大規模な爆発現象。波長が短く、非常に高いエネルギーを持つガンマ線という光を放出する。

 チームは1月、スペイン領カナリア諸島の望遠鏡で、約45億光年離れた星で発生したガンマ線バーストを観測。光の粒子が大量に地上へ降り注ぎ、その1個当たりのエネルギーは従来の最高の10倍に当たる1兆電子ボルトに達した。

 分析の結果、太陽の約100倍の質量を持つ巨大な星が燃え尽き、ブラックホールが誕生する際に発生したことが判明。太陽が100億年かけて出す膨大なエネルギーをわずか20秒ほどで放出した計算で、未知のメカニズムが関係しているとみている。

 チームの手嶋政広東大教授(ガンマ線天文学)は「これだけ高いエネルギーは驚きだ。仕組みを知るためにも、より多くの爆発現象を観測したい」と話す。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ