PR

ライフ ライフ

新テスト国語記述式 「憤り覚える」…高校生グループが中止アピール

 来年度からの大学入学共通テストで新たに導入される国語と数学の記述式問題をめぐり、高校生らでつくる「共通テストから学生を守る会」が19日、文部科学省を訪れ、記述式の中止を求める要望書を担当者に手渡した。

 要望をまとめた声明文では記述式について、(1)採点の質が担保されない(2)自己採点も難しく志望校選びが困難になる(3)全国統一の一次試験には不適切-と批判。少なくとも来年度の共通テストへの導入延期を訴えている。

 同会では英語民間検定試験の導入をめぐっても反対し、8日にはインターネット上で集めた共通テストの中止を求める約4万2千筆の署名を文科省に提出。19日に記者会見したメンバーの生徒は「これだけ問題点が山積していて、解決に向けた判断が何もない。当事者として非常に憤りを覚えている」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ