PR

ライフ ライフ

小泉環境相「長期政権は評価されるべき」 首相の通算在職日数1位

首相官邸入りする小泉進次郎環境相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
首相官邸入りする小泉進次郎環境相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)

 小泉進次郎環境相は19日午前の記者会見で、安倍晋三首相の通算在職日数が桂太郎(2886日)と並ぶ歴代1位になったことについて「短期政権が連発した時代に比べ、長期政権の方が国家としてメリットが大きいと思う。国際秩序が大きく動こうとしている時期に、長く政権を運営された部分は評価されてしかるべきだ」と語った。

 また、小泉氏が米誌タイムが発表した世界で最も影響力がある「次世代の100人」に選出されたことに関して「特に気候変動政策で成功されつつあるという文脈で紹介してもらい、うれしい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ