PR

ライフ ライフ

【ビジネスパーソンの必読書】『月はすごい』『あなたの「楽しい」はきっと誰かの役に立つ』『最高の集い方』

 冬の足音が近づくにつれ、どこか物悲しい気分に襲われる人もいるだろう。そんな時には「腹式呼吸」が良い。1日に数回、ゆっくりと体に新鮮な酸素を取り込むと気持ちがリフレッシュされるはずだ。(情報工場「SERENDIP」編集部

 ◆「水発見」に期待

 □『月はすごい』佐伯和人著(中公新書・820円+税)

その他の写真を見る(1/3枚)

 地球にもっとも近い天体「月」が近年、宇宙探査の対象として脚光を浴びている。アポロ11号月面着陸50年という節目の年に刊行された本書は、月の可能性を幅広い観点から紹介。

 脚光を浴びているのは、月面に「水」の存在が疑われるから。1998年に打ち上げられた米国の探査機のデータから月の極域に大量の水素が確認され、氷の状態で水があると期待されるようになった。

 2017年12月には日本のJAXAとインドの宇宙研究機構が共同で月の極域探査を検討する取り決めがなされた。今後10年は各国で、民間企業も参戦した月面の「水発見」競争が過熱しそうだ。

 月面に水があれば、それを電気分解することでロケットの燃料に利用できる。帰りの燃料を「現地調達」できるため、月への往復コストが大幅に削減できるそうだ。

 そうなると、月旅行や月への移住がより現実味を帯びてくる。華々しい成果を期待したいところだ。

 ◆好奇心は広範囲に

 □『あなたの「楽しい」はきっと誰かの役に立つ』小山進著(祥伝社・1600円+税)

その他の写真を見る(2/3枚)

 「小山ロール」が有名な兵庫県三田市にある人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」。そのオーナーシェフで世界的なパティシエ、ショコラティエの著者が、仕事への思い、アイデアの生まれ方などを語る。

 カシスの新芽やトウガラシをチョコレートと組み合わせる、といった著者のアイデアは、厨房(ちゅうぼう)で生まれるのではない。日常の中で湧き起こる、さまざまな興味・関心同士の「重ね合わせ」が、作品のオリジナリティーを支える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ