PR

ライフ ライフ

【動画あり】「深宇宙」見据え 長野・佐久

長時間露光を重ねた写真には、大型アンテナに降り注ぐように星の光跡が写った。まるで、はるかかなたの宇宙と対話をしているようだ =長野県佐久市
長時間露光を重ねた写真には、大型アンテナに降り注ぐように星の光跡が写った。まるで、はるかかなたの宇宙と対話をしているようだ =長野県佐久市

 つづら折りの山道にシカの鳴き声が響く。何度目かの大きなカーブを曲がると、葉を落とした木々の間から巨大な白い影が目に飛び込んできた。映画「未知との遭遇」の宇宙船のようだ。ハンドルを握る手に思わず力が入った。

 長野県佐久市の蓼科(たてしな)スカイライン沿いに「臼田(うすだ)宇宙空間観測所」の後継局として、「美笹(みささ)深宇宙(しんうちゅう)探査用地上局」の建設が進む。大型アンテナの据え付け工事は完了し、令和3年4月の本格運用に向けた試験が行われている。

 深宇宙とは、地球からの距離が200万キロ以上の宇宙を指す。飛行する探査機とのデータ交信が地上局の主な役割だ。現在約2億5千万キロ離れた小惑星探査機「はやぶさ2」との通信時間は往復で約30分かかる。微弱な電波を観測するため、アンテナの直径は54メートルの大きさになった。

 JAXA深宇宙探査用地上局プロジェクトチームの沼田健二プロジェクトマネージャは「地上局は縁の下の力持ち。地上のインフラが整備されていなければ、どんなミッションも達成できない。さまざまな場面で活躍してほしい」と期待を寄せる。

 今後は「はやぶさ2」の帰還、水星磁気圏探査機「みお」などの運用を支え、NASAの月面探査計画に携わる可能性もあるという。(写真報道局 川口良介)

 動画は「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

 掲載写真を実費でお分けします。産経ビジュアル03・3275・8775(平日の午前11時~午後6時)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ