PR

ライフ ライフ

セコガニ給食「満喫」 兵庫新温泉町の3小中校

給食に登場したセコガニを手に笑顔を見せる児童たち=兵庫県新温泉町
給食に登場したセコガニを手に笑顔を見せる児童たち=兵庫県新温泉町

 日本海の松葉ガニ(ズワイガニ)漁が解禁され、兵庫県新温泉町の小中学校で14日、地元で水揚げされたセコガニ(ズワイガニのメス)が「ふるさと給食」として提供された。

 地元の浜坂漁協の船主組織「浜坂機船底びき網漁業協会」が毎年、浜坂漁港で水揚されたセコガニを町学校給食センターに無償で提供しており、今年は約1200匹を寄贈した。この日は温泉小と照来小、夢が丘中の3校で、ゆであがったセコガニ約400匹が児童や生徒らに振る舞われた。

 照来小では、約60人の児童らに1匹ずつ配られると、教室内にセコガニの香りが漂い、児童たちは大喜び。給食が始まると、さっそくセコガニにかぶりつき、“海の幸”を満喫していた。6年の北川ゆきさん(11)は「カニは大好き。年に1回のセコガニの給食は楽しみです」と話した。

 15日は浜坂東など4小学校と1中学校でカニ給食が予定されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ