PR

ライフ ライフ

【関西の空(4)】24時間マンガが読める クールな関空

 24時間営業のローソンやマクドナルド、KIXエアポートラウンジ、そしてTSUTAYA(午前7時~午後11時)が軒を連ねており、外貨両替所やトイレ、交番まである。

 比較的狭い空間に店舗が集中しているため、自然と人が集まっている。国際線を利用する外国人も搭乗便を待つまでの間、4階の出発フロアから2階まで下りてきて、周辺のベンチでくつろいでいる。空港ターミナルでこうした「活気」と「のんびり感」が同居している場所は珍しい。

 ここで楽しく過ごすキーアイテムの一つが漫画。ラウンジに漫画がそなえられているほか、ツタヤでも「ONE PIECE(ワンピース)」など海外でも人気の漫画の英語版20~30タイトルが並ぶ。

 関西エアポートによると、「ほっと空間」は24時間空港のメリットを実感してもらおうと、かつて航空会社のカウンターがあった場所を活用。平成21年6月から順次オープンさせた。

 悪天候で欠航や遅延が続出した際は、翌朝の便を待つために一夜を明かす旅行客が、ベンチで横になる光景は珍しくない。そんなとき、このエリアは「ほっと空間」の役割を発揮する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ