PR

ライフ ライフ

特殊詐欺防止に自動録音が効果 大阪狭山市調査

 電話の会話を自動で録音できる機器を貸し出す特殊詐欺対策で、大阪府大阪狭山市が調査した利用者の9割以上に「機器設置後は不審電話がかかってこなかった」ことが12日、分かった。府内では複数の自治体が機器を貸し出しているが、効果の調査結果が明らかになったのは初めて。

 同市や黒山署によると、調査は10月、平成29年7月から今年7月までに機器を貸し出した64歳以上の市民178人を対象に実施し、150人から回答を得た。

 調査では83人(約55%)が機器を設置する前に不審電話がかかってきたことがあると回答。これに対し、設置後にかかってきたという回答は7人(約5%)だけで、設置により大幅に減少した形になった。

 機器を設置した固定電話は着信音が鳴る前に、かけてきた相手に向けて「会話内容が録音されます」などの“警告”が自動でアナウンスされる。特殊詐欺グループはこのアナウンスを聞いた時点で、電話を切っていた可能性がある。

 同署などはこの日、市内であった高齢者向けの体操教室でアンケート結果を公表。平井健一生活安全課長は「高い効果も判明した。簡単にできる対策として設置してほしい」と呼びかけた。同市は原則として65歳以上の市民を対象に無料で機器を貸し出している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ