PR

ライフ ライフ

国立西洋美術館が松方旧蔵の「マネ」購入、約4億7千万円で

 国立西洋美術館(東京)は12日までに、明治から昭和にかけて活躍した実業家、松方幸次郎が所蔵していたマネの油彩画「嵐の海」(1873年)を、スイスのベルン美術館から約4億7千万円で購入したと発表した。松方が戦前の欧州で購入、戦時中にパリで売却して以降、所在不明だった。

 西洋美術館などによると、「嵐の海」は2014年、オーストリア・ザルツブルクのコーネリウス・グルリット氏の家で発見。同年にグルリット氏が死去し、ベルン美術館に寄贈されたという。

 グルリット氏の父は有名な絵画収集家で、ナチスにも協力。12年には脱税捜査の過程で、グルリット氏のドイツ・ミュンヘンのアパートから絵画約1400点が見つかった。ナチスによる略奪品が大量に含まれている可能性があり、各作品の来歴調査が行われていた。

 その結果、「嵐の海」は「ナチス時代の略奪品ではないことが証明済み、あるいは確実」と判断されたため、購入が決まったという。

 西洋美術館は、松方が収集後にフランス政府に接収され、戦後、日本に返還された「松方コレクション」を保存、公開するために設立された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ