PR

ライフ ライフ

【深層リポート】91歳母あやめて焼身自殺 介護に疲れた60歳男性が直面した現実

お盆が過ぎた自宅庭には夏の間に伸びた雑草の中で、2人を供養するかのように白い彼岸花が咲いていた
お盆が過ぎた自宅庭には夏の間に伸びた雑草の中で、2人を供養するかのように白い彼岸花が咲いていた

 「10連休」で沸く今年のゴールデンウイーク、秋田県で60歳男性が焼身自殺し、自宅では91歳の母親が首を絞められ亡くなっていた。認知症の母親の介護を苦にした男性が母親を手にかけて自殺した事件とみられているが、そう単純でもなかった。

認知症、施設なじめず

 5月4日昼、海に近い道路わきに止まった軽乗用車内から、灯油をかぶり焼身自殺した男性の遺体が見つかった。車で数分の自宅では、母親がベッドで首を腰ひもで絞められ亡くなっていた。布団が掛けられ、顔にもきちんと面布がかぶせられていた。

 警察は3カ月にわたる捜査の結果、男性を被疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検。検察は不起訴処分とした。

 男性は母親と2人暮らしだった。母親は一昨年から認知症の兆候が出て、買い物の支払い計算ができなくなった。通っていた老人施設が廃業し、別の施設はなじめずに通わなくなった。そして夏の猛暑で熱中症になり入院した。

 近所の商店主は「秋に果物を配達すると、母親がソファで横になり、耳も遠くなっていた」と振り返る。男性は母親のために玄関や廊下の段差にスロープを作り、手すりを設置。母親の好きな庭の花壇や菜園を手入れした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ