PR

ライフ ライフ

「受賞は大変光栄」米教授ら3氏が「京都賞」授賞式

 科学や芸術の発展に貢献した国際的な業績をたたえる第35回京都賞の授賞式が10日、京都市左京区の国立京都国際会館で開かれ、主催する稲盛財団から、香港科技大IAS東亜銀行教授のチン・W・タン氏(72)=先端技術部門=ら3氏にメダルと賞金1億円がそれぞれ贈られた。

 他の受賞者は、宇宙の3次元構造を描いた宇宙地図を作る国際的プロジェクトを指導したプリンストン大名誉教授のジェームズ・ガン氏(81)=基礎科学部門=と、パリ郊外の劇場を拠点とする劇団「太陽劇団」を創設、主宰する女性演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキン氏(80)=思想・芸術部門。

 タン氏は、高い発光効率を示す有機EL素子の基本構造を世界に先駆けて考案し、スマートフォンなどで使われている有機ELディスプレーなどの実用化の道を開いた。授賞式後の会見では「素晴らしい恩師に恵まれるなど幸運な人生を歩んできた。京都賞を受賞でき、大変光栄に思っている」と喜びを語った。

 京都賞は昭和59年創設。ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大特別教授や山中伸弥・iPS細胞研究所長らも過去に受賞している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ