PR

ライフ ライフ

【THE INTERVIEW】童話作家・角野栄子さん『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』 エッセーも一つの「物語」

「エッセーも一つの物語みたいなものだと思って書いています」
「エッセーも一つの物語みたいなものだと思って書いています」
その他の写真を見る(1/2枚)

 □『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』(角川書店・1400円+税)

 ■幼少期・ブラジル時代・「魔女の宅急便」…

 戦前の厳かだけどにぎやかな年越し風景。ブラジルで出会った「赤毛の魔女」との交流。代表作『魔女の宅急便』が生まれるきっかけ-。児童文学の名手、角野栄子さん(84)を形作ってきた、小さいけれど宝石のようにキラキラ輝いた思い出が詰まったエッセー集だ。

 思い出は「集めた」のではなく、自然と「集まっちゃった」のだという。同書は、東京の下町で過ごした幼少期や20代で訪れたブラジルの思い出、魔女に心引かれるようになった経緯などを振り返ったエッセーを幅広く収録。どのエッセーも言葉選びのセンスと文章のリズムが良く、読んでいて楽しい気持ちになれる。

 「段ボール箱にしまっていた過去のエッセーを、編集の方が一冊の本にまとめてくれました。どれも本にしようと思って書いたエッセーではないし、執筆時期もテーマもバラバラですが、その時代の雰囲気がよく出ていると思います」

 戦後世代にとって戦前というと、どうしてもモノクロの情景が浮かびがち。だが、エッセーに描かれている戦前から戦後まもなくの風景は、実に色鮮やかだ。

 蚊帳(かや)を海に見立てて飛び込む遊び、海水浴で姉と作った砂のお城、通るのが恐ろしかった近所の薄暗い杉並木…。一人の少女がうれしくなったり、心底怖かったときの心模様が生き生きと伝わる。

 「エッセーを書くときに大事なのは、その人が『これを書きたい』と思ったときの心の動きと、実際に見た風景。絵本には『何が起きるのかしら』『それからどうなるの?』など、読む人の心を動かす物語が大切ですが、私はエッセーも一つの物語みたいなものだと思って書いています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ