PR

ライフ ライフ

「患者に何が必要か」 作業療法士、上東隆明さん

患者のリハビリをサポートする上東隆明さん=京都市下京区
患者のリハビリをサポートする上東隆明さん=京都市下京区

 「患者一人一人に何が必要か。その人に合った作業療法を提供したい。そのためには1人暮らしなのか、奥さんがいるのか、あるいはどんな持病があるかなど個別の事情を知らないといけない」

 京都市下京区の京都回生病院で作業療法士として勤務する上東隆明さん(26)は、そんな心がけで患者と接している。

 作業療法士は、骨折などけがをして運動機能が衰えた患者のリハビリをサポートする。同じくリハビリを担う理学療法士が歩いたり起き上がったりする基本的な運動機能の回復を図るのに対し、入浴や食事、着替えなど、より日常生活に則した動きができるよう手助けし、時には精神面でのアドバイスも行う。

 1年ほど前、背骨の骨折で入院した80代男性のことが忘れられない。「もう治らない。無理だ」と自暴自棄になっていた。

 若い頃の苦労や楽しかった体験など身の上話をじっくりと聞いたうえで、「少しずつでもリハビリをやっていこう」と励ますと、男性は気持ちが前向きになり、リハビリに熱心に取り組んだ結果、4カ月ほどで退院した。リハビリの必要がなくなったいまも週に1回程度来院、上東さんのもとを訪ねているという。

 「患者とコミュニケーションをとることが一番大事。気持ちを盛り上げ、リハビリに対してやる気になってもらうわけです」

 担当しているのは入院患者約20人。骨折や難病で運動機能が衰えた患者たちで、半分ほどが70~90代の高齢者だ。

 高齢になると、骨密度が低下し、骨折しやすくなる。腕や脚を骨折してギプスを装着すると、2、3日で関節が硬くなり始め、完治するころには動かせなくなることが多い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ