PR

ライフ ライフ

「瀧本哲史を偲ぶ会」を振り返って(上) 武田隆氏

 そして、ホットリンク社の代表取締役会長、内山幸樹氏が壇上に上がった。内山氏と瀧本は東京大学弁論部の同期でもあった。

ホットリンク会長、内山幸樹氏
ホットリンク会長、内山幸樹氏
その他の写真を見る(4/5枚)

 「瀧本に子供が生まれてよかった」と前置きした上で、学生時代、「結婚に関心はないのか?」と聞いたところ、瀧本はいかにも彼らしい言い訳として、「子孫を残すことに賭けるのは効率が悪い。レバレッジが悪い」と返したというエピソードを披露し、会場の笑いをさらった。「それよりも、僕は自分の思想を残したい」と答えたという。

 内山氏が大学院在学中に閃(ひらめ)いた、全く新しいリコメンドエンジンのアイデアを瀧本に相談したところ、「それは面白い。夜中の1時からなら相談にのれる」と言われ、それから毎晩、当時のマッキンゼー社に通い続けたのだと言う。瀧本は内山氏の構想の事業計画立案を手伝い、会社ができるとエンジェル投資家として出資し、副社長に就任した。「瀧本がなぜ協力してくれたのかを考える。友人だから放っておけなかったのか? それとも、自分や事業を通して思想を残そうとしたのか? 答えは分からないし、もうそれを聞くことはかなわない」と締めくくった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ